子育て日記だよ。


by tamayasumi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

1カ月検診☆

a0048721_22351218.jpg

はい~おっきーのリクエストにお応えして(笑) ちぃ登場です~。
というかコメント返事返してないのに更新しちゃってごめんなさい。
お返事はまた後ほどゆっくりさせていただきます!


a0048721_2237533.jpg

とことん たまころ似なちぃ。
お目目がぱっちり開くようになってきました♪



昨日1カ月検診に行ってきました。
体重3840g、 身長40cm!
一日平均30gずつ大きくなっているそうで、
これは多すぎず少なすぎず 
非常にちょうど良い増え方だそうです。
母乳が足りている証拠なので、 安心しました~!

けいすけの1カ月のときは
乳児性湿疹がほんとにひどかったのですが、
ちぃには殆ど出ていないので良かったです。

ビタミンKをもらって飲ませて 小児科の先生の診察を受け、
私も内診を受けて
ついでに子宮がんの検診も受け、
帰ってきました~。

もうこれで この病院に来ることも無いんだなぁ。
色々ありましたが、 どうもお世話になりました!!


ちぃは何も問題なく、 とても健康だそうです^^
無事1カ月過ごせてよかったわ~!
やっぱり1カ月に満たない間は ちょっと心配ですものね。


最近は、 泣いていて 私か父が近づくと
ピタッと泣き止むことが多くなりました。
人の気配が分かるようになったのかな?

先ほども書きましたが 目がパッチリ開き、
だいぶ見えるようになってきたようで
抱っこしているときに 私の顔を目で追います。

機嫌の良いときに、 時々 
「あー」 とか 「えうー」 とか声を出すようになりました^^

お風呂が好きみたいで、
沐浴中は泣かずに だまーってされるがままになっています。

左目はパッチリ二重になりつつあるんだけど、
右目は奥二重だなぁ。 惜しい(笑)。

髪はどんどんくるくるチリチリになっていきます。
早く伸びないかな~♪


けいすけからは 毎日優しく
時に手荒い愛情表現を受けております^^;
昨日は 泣いているちぃをけいすけが泣き止ませてくれました。
ちぃの顔にくっつきそうになるくらい顔を近づけて覗き込んで、
手を握ってくれていました^^



さぁこれで、 あとはもう東京に帰るだけです。
私達が帰ったあとのこの家は、
ガラーンと静かで寂しいだろうなぁ。。。
父さんごめんね。。



とりあえず、 ちぃもけいすけも元気です!!
a0048721_22514985.jpg

[PR]
by tamayasumi | 2008-09-20 23:04 | ちぃ1ヶ月

ごーっちゅんちゅん♪

a0048721_22193560.jpg

私が入院してた頃のけいすけ。
たまころと一緒に、
毎日電車・地下鉄・バスを乗り継いで
病院まで会いに来てくれました^^


最近のけいすけは、 なんだかいっつも歌っています。
最近は ぐるぐるどかんの歌がお気に入りで
「ごーっちゅんちゅん、 ごーっちゅんちゅん」 と
延々と歌っています(笑)。

あと お散歩に行ってブランコに乗った日は、
「うーらんこうーらんこ~♪」 とエンドレスで。
今日なんか あんまり何度も歌ってるもんだから、
爺ちゃんまで一緒になって歌ってた(笑)。

歌や踊りにすごく反応するので 私も嬉しいのですが、
最近全然歌をうたってあげれていない。。。
音楽って ほんと心の余裕がないとゆっくり楽しめないですよね~。
東京帰ったら なるべく意識して音楽聴いて、
いっぱい歌を教えてあげたいなぁ。



やっと 「じいちゃん」 と 
「ちぃちゃん」 の呼び方の区別がつくようになってきました。

時々言う 「くぅくぅまい。」 って言葉があるんですが、
これがなんだか全く分かりません^^;
ぐるぐる巻きってこと? なんだ???


この前私が携帯をいじっていて、
ピピッと短く音が鳴ったのを聞いて、
「ぴぴ、いたね」 と言ってました^^
だいぶスムーズに二語文が話せるようになってきたかも?


食事中はかなり遊ぶんですが、
なんだかんだで全部食べてくれるので助かります。

爺ちゃんが食後のフルーツを持ってくると
それまで全然手をつけないで残っていたものも必死で食べ出し、
皿を空けて 
「こえこえこえこえ」 と 
この皿に入れろと催促します(笑)。

この夏は毎日スイカやメロン、
ゴールデンキウイにぶどう・・・果物三昧でした!
幸せだったなぁ・・・♪


体重は昨日計ったら11.4キロ、
身長は84cmくらいでした。
前の86cmってのは間違いだったかも。

足も大きくなり、 多分今13.5くらいです。
帰ったらまず靴と、 あとズボンも買わなくちゃならないかも(>_<)
今履かせてる80のズボンが軒並み小さくなってきてます。
それに、 最近自分で履きたがるようになったので、
私の好みで揃えてたデニム類は 硬くて履きづらそうなんですよね。

柔らかくて総ゴムの、 履き易そうなやつ探さなくちゃ~。

↑ これが 頑張って一人で履いてるところ。
私が手伝いながら撮っているので、
映像が激しく動いてしまい、 見づらくてすみません(>_<)
いつも、
「じゅーぼん、 じゅーぼん」 と言いながら
一生懸命履こうとします^^



a0048721_22443345.jpg

ねんね~。
[PR]
by tamayasumi | 2008-09-14 22:44 | けいすけ2歳

いやいやいやいや。

a0048721_2214531.jpg

けいすけさん、 イヤイヤ期真っ盛りです。


いや~ほんと参る。 (-_-;)
何するにも 「いやいやいやいや」 と泣き叫び、
何一つスムーズに事が運びません。

すぐキレる短気で単細胞の私は毎日イライラ怒ってばっかり!
いつもは温厚な父も、 
けいすけのあまりのわがままっぷりに
今日はさすがに
一言 「バカ!」 と言ってました(笑)。


とにかく短気な私は すぐ怒鳴るし手も出ます。
頭をベシッと叩くのはしょっちゅうでした。
こんな保育士、 保育園で働いてたらソッコーくびです。

でも、 この前 チィとけいすけがリビングで二人になったときに、
わぁわぁと泣いているチィのところに駆け寄ったけいすけが
チィの頭をベチベチ叩き、 
腕や足をぐいぐい引っ張ったりしているのを見て
ものすごくショックを受けました。。。

今までは けいすけのヤキモチっぽい行動は全く見られなかったのですが、
その日から徐々に表に出てくるようになりました。


授乳しているところにトコトコ歩いてきて、
「あーむ」 と言って おっぱいを指差すので、
空いているほうのおっぱいを出して
「けいすけもおいで~」 と言ってみたら、
嬉しそうに恥ずかしそうに笑いながら 私の膝に乗り、
そーっとおっぱいをパクッとするようになりました。
これは今の所ほぼ毎日続いています。


とにかく、 けいすけがチィを乱暴に叩くのは
(乱暴にといっても けいすけの力はたいして強くないので
 怪我するまではいきませんが)
本当にショックで、
絶対私がけいすけを叩くことがあるせいだと思い
初めて見た日は本気で落ち込み いっぱい泣きました。

そして、 
「叩くのは 危ないことをしたときとか、
 そういう場合に限るように頑張ろう」 と思い
今のところ毎日頑張っております。

思わず強く手が出そうになっても、
「これがまた チィへの意地悪に向かったらどうしよう!」 と思うと
自然に力も弱まり、
なんとか我慢できています。


ただ、 けいすけも いつも叩いたりするわけではなく、
基本的にはチィのことが可愛いみたいなんですよね。
私もなるべく積極的にチィをけいすけに触らせたりしてるし、
そのときは 
「ちーちゃぁん♪」 と嬉しそうにナデナデしたり、
チュウしたりして可愛がってくれます。

泣いていたら お腹をポンポンしてくれたり、
寝てるチィに布団をかけてくれたりもします。

なので、 
愛情表現と、 
自分より小さくて弱いものへのささやかな意地悪なのかなと。


今まで以上に けいすけを抱っこしたり、
名前を沢山呼んで スキンシップをはかるようにしていますが、
これはこれで 必ず通る道だとしたら仕方が無いのかなぁ?

色んな人の意見によると、
二人目はみんなこういう目に合って、
打たれ強く育つんだそうです^^;


私は私で ムヤミに手を出さないように心がけて、
あと あまり けいすけの行動に神経質にならないように
気をつけないといけませんね。
あと チィに怪我もさせないように。


子育てって 親から受けた養育の影響をかなり受けているものだと思いますが、
いやはや本当にその通りだと実感しています。
辞任会見で逆ギレした福田総理じゃないけど(笑)、
自分のことを客観的に見られるようにならなくては。。。


にしても、 イヤイヤ期の子の相手は
本当に疲れる。
↑ ささやかにストレス解消

みなさんどうやって乗り切ってますか?
この胸にたまるイライラをどうやって解消してますか??


私は今のところ 
毎晩子どもたちが寝た後に食べるアイスで解消してます(笑)。

+++++++++++++++++++

a0048721_22314113.jpg

私の叔母に抱っこしてもらうチィと、
おやつを食べながらそれを眺めるけいすけ。


チィは毎日本当によく寝ます!
最近は、 朝から夕方までずっと寝て、
授乳の間の10分間だけ ちょっと起き、
(でも半分寝てる)
私達が夕飯を食べだす5時半ごろから起き出して
喉を震わせて泣き始め(笑)、
沐浴をする7時40分まで頑張って起きていてもらい、
けいすけの入浴も終わった8時過ぎにコテンと寝る、 という毎日です。

夜寝かせるときは バスタオルでぐるぐる巻きに。
生まれたての赤ちゃんは 
こうすることでかなり安心して眠れるみたいなので、
毎晩効果抜群で すぐ寝てくれます。


おっぱいを飲むのがまだまだ下手で、
しょっちゅう空気も一緒に飲み込むので
毎回呼吸困難になり、
見ているこっちのほうが息苦しくなります^^;


二人目育児っていうのは かなり気楽で、
やり方を完全に忘れていた沐浴も 
「まぁ綺麗になればいいんだから」 と かなり適当。
いや、 勿論 ちゃんと綺麗に洗ってますよ!

夕飯時に泣いてても、
私も父も 
「寝てばっかりなんだから 運動しなさい~」 と
あまり気にせず ご飯食べてたり(笑)。
一応急ぎめに食べて あやしに行きますけどね。

けいすけが生まれたばかりのときは、
泣かすのは悪いことなんじゃないかと思って
おちおちゆっくり食事も出来なかったもんなぁ。



入院中 チィの体重の伸びが悪かったので、
1ヶ月検診で 順調に体重が増えているか確認できるまでは、
夜中も頑張って目覚ましかけて 3時間おきに授乳しようと思っています。
でも 最近お顔が丸くなってきたような気がします^^


新生児特有の もぞもぞした動きは、
見ていて本当に可愛い~♪
真っ赤な顔して泣いてる顔も可愛いし、
おっぱい飲んでる顔も可愛い。

ほんと 二人目って何してても可愛いもんですね♪


東京へ戻る日も あと二週間後に近づきました。
爺ちゃん大好きなけいすけ、
お別れするときにすごく泣きそうな気がして
想像するだけでなんだか切ないです(>_<)
状況が良く分からない状態のまま ササッと帰れるといいんだけど。

私はだんだん腰が痛くなってきているので、
本格的に痛めないように気をつけなくてはいけません!
そんなこんなで母さん明日もがんばれーー!!(自分を応援)
[PR]
by tamayasumi | 2008-09-09 22:47
a0048721_22324764.jpg

そういえば 退院してからけいすけとチィの二人の写真撮ってないなぁ。


昨日やっとパソコンが戻ってきました! 長かった~。
なので 出産の時のことなどぼちぼち書いていこうと思っております。

++++++++++++++++++++++

以下 自分のための記録なので 超長いです。

a0048721_22375755.jpg

出産当日の朝の空。
角っこに写りこんでるのは病院。


いくらけいすけの時に経験済みとはいえ、
手術というものはやっぱり怖いものなのですが、
この日はもう 「なるようになれ」 って気持ちでいたので
とても落ち着いた気持ちで朝を迎えました。


朝ごはんを食べてはいけないので、
500mlのポカリを飲みながら けいすけの朝食を済ませる。
身支度をし、 仏壇に手を合わせてから出発。

たまころは朝5時半に起きて
無事飛行機に乗ったとのことなので 一安心。

病院に着いたら まず入院用のバッグを預け、
NSTをつけて しばし計測。
その後 回復室に移動し、 病院のパジャマに着替える。

さーここからだんだんリアルになっていきますよ~。


分娩室に移動し、 点滴をつけ、 剃毛と浣腸を済ませる。
分娩室内では 私が持ってきたアンジェラアキのCDを流してくれていて、
これがスタッフみんなにえらく好評でよかった(笑)。

また回復室に戻り、 
病院の午前中の診察後に手術が始まるので
それまで待つことに。
もし手術中にパニックになって呼吸困難になったら困るので、
喘息の吸入をするよう言われて 吸入を済ませておく。

そしてたまころ到着!^^

喋っていたら、
父と一緒にお昼のお弁当を買いに行っていたらしいけいすけが戻ってくる。

たまころを見て
「あ! おうしゃん!!」 と すぐ分かったものの、
恥ずかしかったみたいで うつむきながら固まる(笑)。
でも たまころが 
「抱っこは?」 と言うと ぴとっとたまころにくっついていて可愛かった^^

抱っこされながらもまだ固まっていたけど、
爺ちゃんがお弁当を広げだしたところで復活し(笑)
いつも通りのけいすけに。

みんなで和やかにお弁当を食べ、
(私は食べてないけど)
ひな鳥みたいに 「あーん」 と大きく開いたけいすけの口に
納豆巻きを押し込んであげている まさにそのときに、
「では行きましょうか~」 と いきなり呼びに来られる。

それが手術の呼び出しなのか何なのかイマイチ分かっていないまま、
とりあえず たまころとけいすけに 
「バイバーイ」 とだけ言って移動。
コンタクトを外しているから みんなの顔もよく見えないまま^^;


分娩室に入るなり、 パジャマを脱がされ 
裸の状態にバスタオルを掛けられる。
ちょっと肌寒いくらいの気温の室内。
そして手術台へ歩いて移動。

けいすけ産むときは これに上るのが本当に怖かったけど、
今回はたいして怖くなかった。
頭にシャワーキャップみたいのを被せられ、
尿管をつけられる。 これが最初すごく痛い!


アンジェラアキが流れる中、
スタッフみんなが周りで何か喋ったり準備したりするのが聞こえる。
私の真横には婦長さんが立ち、
安心させるように
私の体をずーっとポンポン叩いたりさすったりしてくれている。


そこへ先生登場。
私は左横を向いて 両ひざをお腹にぴったりくっつけて背中を丸め、
麻酔が打たれるのを ちょっとビクビクしながら待つ。

まず一回目の注射。 チクンと痛いけど我慢できる痛み。
二回目の注射は、 痛くはないけど 
ものすごい異物感があって嫌な感じ。

そしてまた 仰向けに寝て、
手術台を電動で動かして 
私の体に満遍なく麻酔がまわるようにする。

先生に 皮膚を何かでつままれて、
最初は 「イテテ」 とか言ってたけど、
しだいに感覚がなくなってくるのが分かる。
モワーッとして 重たくなる感じ。

そして、 
「はい、 では始めます」 「よろしくお願いしまーす」 の声で手術開始。


私の前の手術の傷を見て、
みんなが 
「綺麗だね~ケロイドにもなってなくて」 と感心してる様子。
カチャカチャいう音と、
先生やスタッフが何か話している声と、
アンジェラアキの歌声がぼんやり聞こえる。
あと、 時々 部屋の外に居るけいすけの声も。


麻酔がまわってきて 鼻がつまり、
両手もしびれて動かなくなる。
頭もボーっとして視界も悪くなる。
婦長さんが肩をさすってくれて、 
その手がとても暖かく感じる。


手術開始から約15分後くらいで、
「もう少しで赤ちゃんの声が聞こえますからね~」 と言われる。

そして・・・
「おぎゃー!」 

生まれた!!!


助産師さんが娘を持ち上げていて、
一瞬背中側だけ見せてくれる。


安心したとたん、 
胸元まできていた麻酔で すごく息が苦しくなり、
急に恐怖に襲われる。
下半身は勿論のこと 両手も動かず、
鼻も完全に詰った状態で 呼吸が苦しくなるのは本当に怖かった!!

ここで 安定剤みたいなものを点滴に入れられたようで、
怖い怖いと思いながらなんとか呼吸していたのが
いつの間にか眠っていたようで、
「はい、 もう終わりですよ~」 の声で目が覚める。


綺麗に洗ってもらった赤ちゃんが連れてこられ、
私のおでこにぺたんと顔をくっつけられる。
ぎゅっと目をつぶっている小さな我が子。
そしてすぐまたどこかへ連れて行かれる。

私はストレッチャーで回復室に移動し、
ベッドに移され 安静状態。
麻酔のせいで寒くて寒くて、
首周りに湯たんぽみたいなのを巻かれて
両手をぶるぶる震わせている状態。

鼻には酸素のチューブが入り、
胸には心音をとるコードがつけられ 左親指に繋がっている。
足には動脈瘤防止の靴下を履かされ、
マッサージ機もつけられる。
右腕には血圧計が付き、 一定時間が経つと自動的に測定される。


後で聞いた話では、
この私の状態が けいすけにはすごく怖かったようで、
寝ている私を見て泣きそうになっていたとのこと^^;


しばらくして たまころや父が部屋に入ってくるのが聞こえたけど、
目を開けるのもしんどくて 反応できず。

でもたまころには 
「頑張ったね」 と言われたような・・・多分(笑)。


義姉と甥っ子の声が聞こえ、
「お疲れ様だったね~」 と話しかけられて
それになんとか答え、
その後 たまころたちも来て少しだけ話した後 みんな帰宅。


それまで寒かったのが急に暑くなり、
湯たんぽや布団を外してもらい エアコンもつけてもらう。
それでもその晩中汗びっしょりだった私。


夜8時過ぎには胸元からお腹あたりまでは感覚を取り戻し、
下半身もある程度動くようになったので マッサージ機も外れる。
足に残った麻酔のせいで ずっと両足がわなわな動き、 すごく不快。
何かして気を紛らわせたかったので、
携帯を持ってきてもらい 出産報告メールを送り出す(笑)。

たまころからメールが来て、
布団に入ったけいすけの画像が送られてきて
それを見てすごく癒された^^


10時過ぎには手のむくみも取れてきて、
足が時々わなわないう以外は殆ど麻酔から覚める。
冷たい麦茶を飲ませてもらい、
だんだん傷の痛みが強くなってきたので 
痛み止めの座薬を貰う。



はー長かった!
とりあえず 当日の記録はこんなもんかな?


手術中の呼吸困難の恐怖と、
麻酔が抜けるまでの 足のわなわながすごく辛いこと、
この2点を考えるだけでも 
もう二度と手術なんか受けたくない!と思う(>_<)

まぁ経済的にも厳しいし 
どっちにしろ子どもは2人で終わりかな~。


この日の夜は 私以外に2人お産が入ったようで、
分娩室から 
「痛い痛い痛い痛い!!」 という母親の絶叫と、
「お母さん足開いて! 足足!!」 と叫ぶ先生の声、
あと体のどこかをバシバシ叩く音が聞こえて、
ほんと どのお産も大変なんだな~としみじみ実感したのでした。。。
[PR]
by tamayasumi | 2008-09-03 23:46 | ちぃ0ヶ月